スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

Göran Söllscher












管理人 * クラシックギター音楽関連 * 17:50 * comments(0) * -

Raindrops keep falling on my head

管理人 * クラシックギター音楽関連 * 21:58 * comments(0) * -

思い出 さらに続き







高校生になったばかりの頃によく練習していた曲なのですが、編曲の問題はあるものの低音の魅力にはまり、対旋律のことなどを考えるようになりました。小さなオーケストラとはよく言ったもので、独奏の場合はひとりで何役もこなさなければならないわけでして、これまた、合唱における縦と横の関係を考える基礎が自然と身についたような気がします。バッハの無伴奏の作品は珠玉と言えるものが多く、聴いても弾いても楽しい。
管理人 * クラシックギター音楽関連 * 22:33 * comments(0) * -

思い出 続き




それまで独習していた僕が恩師から一からやり直せと言われて初めてレッスンを受けた曲だったりします。初見で弾けるような技術は持ち合わせていたものの、実に数ヶ月に渡りこの曲だけを延々とやらされて次の曲になかなかすすませてくれないという展開に…この時に叩き込まれたタッチの問題については合唱指揮者をやっていた頃にとても参考になった。参考どころかこの時に楽曲に対するアプローチの仕方みたいなものを教わったことによって、今では楽譜を眺めるだけで無限のイマジネーションが広がるような幸福感を味わえるようになった。何気なくセレクトした曲が後にこれほどの影響を及ぼすとは考えも及ばなかったわけでして、縁するということは人生においてとても大切なことなんですね。
管理人 * クラシックギター音楽関連 * 22:29 * comments(0) * -

思い出




高校卒業を目前にして最後となる演奏会で演奏した曲です。恩師への感謝の気持ちを込めて演奏したのですが、その後の人生は合唱生活で楽器から離れてばかり… あれから随分と時が経つけれど少しは成長したのかな。当時のレッスンでは、手が届きそうで届かない高貴な調べに包まれて余韻を楽しみながら帰路につくことが多かった。あの時のような充足感を味わうことはできないにしても心がユレルような合唱練習を積み重ねていけるようにならなければ…年輪が増すほど道は険しいと感じる今日この頃なのでした。
管理人 * クラシックギター音楽関連 * 22:06 * comments(0) * -

山下和仁




管理人 * クラシックギター音楽関連 * 05:19 * comments(0) * trackbacks(0)

John Williams

管理人 * クラシックギター音楽関連 * 05:18 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ